温故知新

2018.05.21

知識が増えるということ

会社に入ったころは、ほとんど建築の知識がなく、図面がまったく読めませんでした。 想像以上に大変だぞ…と不安になっていた時期もありましたが、 少しずつ知識や経験が増えていくにつれて (あ、面白いな) と思っている自分がいることに気付きなんだか…

続きを読む

2018.03.12

東京の城のある街について

地方のとある小さな城下町で生まれ育ったせいか堀と石垣のある風景にはどことなく郷愁を感じます。 東京のそれは規模も範囲もケタ違いに大きいのですが、人の手により造られたものに変わりは無く、 時折江戸時代に思いを馳せてここの普請にも地方から集めら…

続きを読む

2018.01.29

烏兎匆匆

歳を重ねるほど一年が経つのが早く感じるということをよく耳にしますし、 私自身もしみじみ感じています。 何故だろうと調べてみると、どうやら所説あるようです。 ジャネーの法則では『生涯のある時期における時間の心理的長さは年齢の逆数に 比例する』…

続きを読む

2017.12.07

現場にて、些細な日常。

建設中の現場に勤務しているとたまに不思議な光景を見かけることがあります。 私の常駐している現場は竣工間際で現場事務所が工事中の建物内。 先日、何気なく仕上工事中の事務所のうす暗い廊下を歩いていると、 ヘラを持ちビニルクロスを携えた職人さんが…

続きを読む

2017.10.03

初めてが経験に

先日バスツアーに行ってきました。このツアーのメインイベントはサンマの食べ放題。 今年はサンマが余り取れていないようでお値段がお高めの為、 我が家の食卓にはまだ登場していなかったので楽しみにバスに乗り込みました。 あいにくその日は台風の前日で…

続きを読む

2017.09.01

一歩づつ

佐沼建築システムデザインに入社して14年目になり、 入社当時は、右も左も分からない状態で仕事をしていましたが、 諸先輩方のお蔭で徐々に仕事を学び、覚えて行きました。 海外の仕事も携わる事ができ、色んな意味で日本とのギャップに戸惑いを 感じま…

続きを読む

2017.08.07

人とのつながり

私は、最近社内で実施設計図対応の窓口業務をしています。 今までは、現場の施工図室常駐や設計部のオペレーターをしていました。 入社した当時先輩方が実施設計図をまとめていてその下で図面を描く業務を していた事はあるものの、自分で進める事は初めて…

続きを読む

2016.10.26

生産設計をまとめあげる技術の伝承に力を注ぐことを惜しまない

建物規模に係わらず、個人の持っているスキルだけでは、全ての図面をまとめあげることは不可能です。図面をまとめあげるには技術をもっている人を集め、それぞれの持っているスキルを持ち寄り、協議検討しプロジェクトを進めていく。技術を持ったメンバーをま…

続きを読む

2016.10.26

緻密な検討と長年培ってきた経験を活かして、先々の展開も視野に入れた作図を心掛ける

一枚の図面は一つの使い方に限らず多くの方々が必要とされます。その先に必要とされる多種多様な工種の方々への説明書です。工事手順・工法・完成をイメージしながら作図をし、設備工事への配慮、メンテナンス方法や制作物取り付けに必要な条件を満たしながら…

続きを読む

2016.10.26

社員教育を重視 社員の成長なくして企業の成長に結びつかない

当社では社員教育に力を入れて取り組んでおります。 もちろん、どの会社でも重視している事だと思いますが、当社ではトレーナー制度と称して、テーマ毎に少人数制のグループ分けを行い、各グループが月一回勉強会を開催しております。(佐沼のとりくみ-トレ…

続きを読む